今日の株式

「かつてあったことはこれからも起きる」ウィリアム・ディルバート・ギャン

2018年(平成30年)1月29日 月曜日

かのと酉  上弦の月から4日目

日経平均株価  23,629.34    -2.54(-0.01%) 出来高 13.26億株
TOPIX       1,880.45     +1.06(+0.06%)
東証2部          7,668.50      +12.88(+0.17%)   出来高   1.95億株
JQ      4,295.65             -2.83(-0.07%)    出来高   1.83億株
マザーズ     1,334.35          -17.54(-1.30%)    出来高    6.03千万株

空売り比率    40.2%(-0.8%)
ETF買い入れ        設備・人材12億円 J-REAT12億円

 

△値上がり率ランキング(全市場)
1位 3047 Q-トラックワン    福証Qボ     330     +80 S高 中古トラックの買取業

2位 2046 アルテHD      JQス      1356   +300 S高 2/28 1対2株式分割

3位 9082 大和自交               東証2部    2000   +400 S高 相乗タクシー実証実験開始

4位 2467 C-バルクHD             セントレ            430     +80 S高 ITセキュリティ関連

5位 3042 セキュアヴェイル             JQス        858    +150 S高 情報セキュリティやログに強い

6位 8257 山陽百貨               JQス      2370    +400 S高 

7位 5923 高田機工                東証1部   4170    +700 S高 通期業績の情報修正

8位 4642 オリジナル設計     東証2部     913    +150 S高 17年12月期計画上振着地

9位 7191 イントラスト       東証1部   2050    +304 営業利益増 2/28 1対2株式分割

10位 6797 名古屋電気工業    名証2部     690    +100 S高 自走式標識車の需要増で                                     第3四半期営業損益が黒字に浮上  

 

▲値下がり率ランキング(全市場)

1位 3284 フージャーズ                 東証1部     850     -236 SBIこれおかしいよ・・・

2位 3953 大村紙業         JQス      3065    -700 S安 随分上げましたから

3位 6798 SMK        東証1部      512   -100 S安18年3月期連結下方修正

4位 5906 エムケー精工            JQス        533   -100 S安 第3四半期減収減益を嫌気

5位 6719 富士通コンポーネント       東証2部    1148  -161 10-12月期(3Q)経常は71%減益

6位 7873 アーク         東証1部      137    -18 三井化学(4183)が新車開発支援のアークへのTOBが成立

7位 8931 和田興産     JQス        998   -128 1/26 110万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限16万5000株の第三者割当増資を実施すると発表した。新株発行は最大に発行済株式数の約12%になる予定。手取り概算額合計上限役12億円の調達資金は借入金の返済、マンション建設の資金の一部などに充当する予定。

8位 3850 NTTDIM       マザーズ      2342  -258 4-12月期(3Q累計)経常は71%増益で着地だが売られた。

9位 3358 ワイエスフード      JQス        650   -70 1/26から日々公表銘柄に指定

10位  2398 ツクイ        東証1         930   -89 介護報酬見直し案の影響への懸念  

 

☆コインチェック社員から聴取=仮想通貨流出、捜査本格化-警視庁(時事通信)

仮想通貨取引所大手コインチェックから約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、警視庁は29日、同社の社員から事情を聴いた。捜査関係者への取材で分かった。警視庁は今後、同社からサーバーの提供を受けるなどし、捜査を本格化させる方針だ。
 警視庁の捜査員が29日午後、流出発覚後初めて同社社員と接触。被害に遭った経緯や状況などについて説明を求めた。流出は外部からの不正アクセスが原因とみられ、同庁は不正アクセス禁止法違反などの疑いがあるとみている。 
 警視庁は昨年12月、同社を含む仮想通貨取引所10社と情報共有などを目的とする協定を締結していた。不正アクセスがあったのは26日未明で、NEMの流出を確認したコイン社は同日午後、協定に基づき同庁に報告した。