今日の株式

「かつてあったことはこれからも起きる」ウィリアム・ディルバート・ギャン

強制決済増え円高リスク

FXレバレッジ規制は思わぬ円高を呼ぶかもしれない。

金利通貨などで円売り・外貨買いの持ち高が多いため、強制決済となれば円高に振れるリスクあある

 FXプライムbyGMOの上田真理人常務 (2018.1.28日経ヴェリタス)

 

この発言は同紙の「FX20年 曲がり角 レバレッジ規制強化 取引急減も~

潰れる業者出てくる/値動きの魅力薄れ」記事内のコラムだ。

 

1998年4月外為法改正で解禁されたFX取引は20年目を迎えた。

ここで金融庁が検討を進める規制強化は2本立てだ。

1.レバレッジの上限を現行の25倍から10倍程度に下げる。

2.FX業者の自己資本を強化する。 

早ければ今夏にも成立する可能性があるという。

 

日本のFX取引は2015年に初めて5000兆円を突破した。実に日本の国内総生産(GDP)の約10年分に相当する規模だ。仮にFX業者が破綻すれば金融システムにも影響が及ぶリスクがある。                    

   金融先物取引業協会

一方で、FXの顧客口座数は800万近くあるがうち取引実績がある稼働口座は1割止まり。ガラパゴス化 だそうだ。

さらに近年は仮装通貨のビットコインが人気で、年間約20倍の急騰劇と書いてある。

 

取引金額が最大5割減りになりかねない。

   大手FX会社幹部

 

レバレッジ25倍かける投資家は中高年に多め

   外為ドットコム総合研究所まとめ。顧客延べ1万人が対象。

   

表題のコラムにこんな文言がある。

もしレバレッジの上限が10倍になると、それまで25倍で取引している個人投資家は証拠金を2.5倍ほど積み増す必要がある。

問題は、実際に個人投資家が証拠金の準備を進められるかどうか。・・・

場合によっては持ち高が閉じられて強制的に反対売買が実行される。

・・・・

FX投資家は相場の流れに逆らう「逆張り」取引を得意とするだけに、取引金額が減少すると、円高局面でも円売り注文が減り、円高が強まる可能性がある。

 本日(14時)ドル円は108.81近辺 日経平均株価は昨日より330円ほど下げている。

もうすぐ春節、訪日外国人で賑わう時期だがインバウンド銘柄は元気がない。